高校受験の暗記法

覚えるのが苦手だと感じた高校受験生のための暗記法

記憶を助ける2つの方法

kioku

 

ついこの前も習ったばかりなのに、同じところを間違えている。

 

テスト前に復習して覚えたのに、テスト本番では忘れてしまった。

 

すぐに忘れてしまう様子に「私は記憶力が悪いの?」と悩んだことはありませんか?

 

多くの子どもたちを教えてきて実感するのですが、
人は思っている以上のスピードで、教えたことを忘れてしまいます。

 

ほんの一週間前に教えたことを子どもが忘れてしまうのは、ごく普通のことです。

 

だから、暗記が苦手・記憶力が弱いと嘆く必要はありません。

 

脳は記憶を忘れるようになっている

 

なぜそんなに早く忘れてしまうのでしょうか?

 

早く忘れたからといって、決して記憶力が悪いわけではありません。

 

忘れてしまうのは、脳がもともと忘れる性質を持っているからです。

 

例えば、あなたは一週間前の夕食で何を食べたか覚えているでしょうか?

 

おそらく多くの方が覚えていないと思います。なぜ覚えていないかというと、
覚えようと脳が意識していなかったからです。

 

食事だけでなく、これまで生きてきた日々の出来事をすべて脳が記憶していては、
脳がパンクしてしまいますね。

 

勉強の暗記法・暗記のコツは?

 

暗記カード

 

高校受験の勉強においても、何かを記憶しようとしたら、
脳に「これは大事だから覚えようね」とサインを送って意識させることが必要です。

 

何も意識せずにいると、毎日の食事と同じように
脳が「覚えなくてもいい」と判断して、忘れていくからです。

 

では、どうすれば脳が意識して覚えるでしょうか?

 

脳に意識させて記憶させる方法は2つあります。

 

1、感情(心)が動くと記憶できる

 

ひらめき

 

一つは、強い感情といっしょに記憶すること。

 

これまでで感動した景色や嬉しかった瞬間、悲しかった思い出は長く記憶に残っていると思います。

 

心が動くと、その時の記憶も強く印象に残るのですね。

 

子どもの勉強でも「なるほど!」「わかった!」「できた!」と、
心も一緒に動いたことは、なかなか忘れない記憶になります。

 

ただ、勉強で感動する機会はそんなに多くあることではありません。

 

だれでも好きな教科や好きではない教科はあるものです。

 

自分が興味のある分野ばかりならよいのですが、関心の低い分野では心も動きにくいです。

 

2、繰り返して覚える

 

 

勉強で「なるほど!」と感動がないときはどう記憶すればいいでしょうか?

 

どんな分野でも記憶を強くするのが、二つ目の方法「反復して覚える」です。

 

反復して覚えるのは王道中の王道です。

 

だれでも1回で覚えられないのが当たり前で、
すぐ忘れてしまうものだということをいつも心に留めておいてください。

 

同じ問題を間違えても「これで普通」と考え、
「忘れたけど、もう1回繰り返せば大丈夫だ」と考えてください。

 

そうやって2回、3回と反復することで記憶が強くなっていきます。

 

脳は何度も反復されたことを記憶するような仕組みになっているからです。

 

覚えるには3回反復が目安と考えてよいでしょう。

 

社会の暗記が苦手な人も、ワークや問題集を3回繰り返してください。

 

3回は面倒と感じるかもしれませんが、

 

3回すれば長く忘れない記憶になるので、頑張ってくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 伸びない理由 親ができること おススメ教材