ケアレスミスを防ぐにはどうしたらいいのか?

 

中学生の指導でよく見るのがケアレスミスでの失点です。

 

「不注意なミス」なので、もったいないのですが、

 

同じうっかりミスを何度も繰り返してしまう子もいます。

 

うっかりミスはどのように防げるでしょうか?

 

わずか1点で不合格になる可能性も!?

 

うっかりミス

 

中学1年生、2年生なら「もったいないわね」で済むのですが、

 

高校受験となると少しシリアスに考える必要があります。

 

入試では同じレベルの受験生たちが集まるので、

 

うっかりの1点で合格と不合格が分かれるからです。

 

筆記試験以外の内申点についてはこちら

 

「うっかり」で不合格になるのは悲しいことです。

 

それでは、お子さんに合格を勝ち取ってもらうためにも、

 

今日からできるケアレスミス予防法を紹介します。

 

テストのうっかりミスをなくす3つの方法

 

それでは具体的な防止方法を紹介します。

 

「これならできる!」と思った方法を

 

次のテスト勉強から取り入れてくださいね。

 

間違えノートを作って、いつでも見直しする

 

ケアレスミスだけでなく、テスト勉強で間違えた問題については

 

「間違い直しノート」をつくることをオススメします。

 

文字通り、間違えた問題をノートにまとめたり解き直すノートです。

 

とくに同じケアレスミスを繰り返している場合は、

 

ミスった部分に吹き出しを書きこむのがよいでしょう。

 

ミスの吹き出し

 

このように自分のミスを自覚して記録することで、

 

どこに注意すればよかったかを頭に入れていきましょう。

 

そうして小さな減点をなくしていきます。

 

間違えなおしノートはテスト当日までに何度も見直して、

 

テストでは同じミスを繰り返さないようにします。

 

問題文に線を引きながら解く

 

  • 英語で答える問題に日本語を書いてしまった。
  • 記号を書く問題に語句で答えてしまった。
  • 本文から抜き出し問題なのに、自分で考えてしまった。

 

これらのケアレスミスの特徴は、

 

問題文をちゃんと読んでいなかったこと」です。

 

対策として、問題集を解くときやテスト本番では、

 

「問い」の注意すべき部分に線を引きながら解きましょう。

 

(例)ケイコさんは何と言ったか、英語で答えなさい。

 

このように、注意する部分に線を引くことで、

 

答え方を確認しながら解いてゆくことができます。

 

次のテスト勉強からやってみてください。

 

基礎の理解と練習をもう一度

 

土台

 

わかっていたのに間違えてしまった。

 

これはテストで点が悪かった生徒がよく使う言葉です。

 

「わかっていたのに・・」というのは言い訳で、

 

本当はシッカリわかっていなかった場合も多いです。

 

要するに、基礎基本の理解不足で

 

分かっていないから間違えただけです。

 

とくに数学の点数が悪い生徒の答案を見ると、

 

小学校の計算がアヤフヤな子もいます。

 

ケアレスミスに見えて、根本的に学力不足なケースです。

 

小学校の知識や計算があいまいなお子さんは、

 

簡単なドリルでの復習など早期の対策をしてください。

 

土台をしっかりと固めることが、

 

今後の入試の準備として必修です。

 

< ケアレスミスをなくして合格!>

 

安村教材

 

チェック 正しい勉強法がわかる!

 

チェック 自分で勉強できる!

 

チェック 成績がどんどん上がる!

 

安村先生の受験勉強法

 

トップへ戻る