高校入試直前

高校入試の直前は何をすればいいのか?親のサポートは?

高校入試直前の勉強と親のサポート

あと少し

 

高校入試本番まであと1カ月。

 

どのように過ごし、何を勉強したらよいでしょうか?

 

あやふやな知識を確実な知識にしよう!

 

高校入試本番で超難問が出て解けなかったのなら

 

諦めもつきます。しかし、

 

  • 知っていたのに忘れてしまった。
  •  

  • 前は解けた問題が本番で解けなかった。
  •  

  • 大事な公式が思い出せなかった・・

 

このよう失敗はとても悔しいものです。

 

高校入試は一生に一度きり。 

 

もったいないミスは後悔してもしきれません。

 

これまでの復習≧新しい問題

 

kurikaesi

 

ですから、入試当日までの1カ月は新しい問題は少なくして、

 

これまでの復習を何度もするようにしてください。

 

忘れていた知識を思い出し、

 

あやふやな部分を確実にする努力をしていきます。

 

難問に取り掛かって解けないと自信をなくしてしまうので、

 

難しい問題も避けましょう。

 

それよりも、これまでに解いてきた入試過去問や模試過去問、

 

入試問題集の繰り返していきます。

 

考え方と解法を確認して再度わからなくなったら、

 

できるだけ早く先生や友達に質問して解決してください。

 

難しい問題が正解できることよりも、

 

本番で自分がやってきたことを出し切ることが重要です。

 

出し切ることが出来れば、

 

あとの結果は天にまかせましょう。

 

モチベーションを高く保つコツ

 

入試当日が近づくと、だれでも不安になると思います。

 

落ちたらどうしよう・・

 

不合格になったら恥ずかしい・・

 

悪い想像ばかりしてしまうかもしれません。

 

そんなときは、明るい高校生活を想像してください。

 

合格できた!

 

  • 掲示板に自分の番号を見つけて喜ぶ姿
  •  

  • 新しい制服に身を包み笑顔で登校する姿
  •  

  • 教室で新しい友達と楽しく会話する姿
  •  

  • 一生懸命に部活動に打ち込む姿

 

「今の苦しみのあとには、楽しい高校生活が待っている!」と信じ、

 

目の前の勉強に集中するようにしてください。

 

高校入試直前の親のサポートは?

 

入試直前の時期に、親はどんなサポートをすればよいでしょうか?

 

親も不安がピークに達してイライラしてしまうかもしれませんが、

 

ここは人生の先輩として落ち着いて過ごしましょう。

 

子どもに心と体のケアができます。

 

受験生に安心とリラックスを

 

家族

 

心の面としては、最後まで励ましてあげることが大切です。

 

「お前なら合格できる」

 

「頑張ったからきっと大丈夫」

 

自信を持たせるような声かけをしてあげてください。

 

中には強く励まされるのが好きでない子もいます。

 

そんなお子さんには

 

「落ちてもお前が大切な存在ということは変わらない」

 

子どもへ愛情を言葉にしてあげるとよいでしょう。

 

親に大切にされていると思えれば、

 

子どもはリラックスでき、安心して勉強に集中できます。

 

普段より早寝早起きさせる

 

朝

 

身体の面はどうでしょうか?

 

もちろん、子どもの健康が第一です。

 

受験勉強だからといって徹夜は厳禁です。

 

体調を崩したら本末転倒だからです。

 

むしろ普段より早寝早起きさせるくらいがよいでしょう。

 

朝、少し勉強できるのがベストです。

 

冬なので寒いかもしれませんが、

 

頭(脳)を朝型に切り替えるためにも、

 

早寝早起きがオススメです。

 

そして、お父さんお母さんが笑顔で過ごすことも

 

子どもの心と体の健康に良い影響を与えます。

 

家族みんなで協力して、高校受験を乗り切ってください!


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 伸びない理由 親ができること おススメ教材