高校受験英語勉強

高校受験英語|長文の練習法はコレ!

高校受験英語はなんといっても長文練習で決まり!

 

英語長文

 

英語が苦手な中学生は多いですね。

 

とくに長文練習の要領がわからずに

 

つまずいてしまう子が多いですね。

 

では、英語のテストで良い点数を取るには、

 

どんな勉強をしたらよいでしょうか?

 

高校受験の英語勉強法 2つのポイント

 

長文問題の練習法に入る前に

 

英語が得意になる原理原則を紹介します。

 

私は受験塾で指導をしていたのですが、

 

次の2つは絶対に欠かせません。

 

1、スラスラになるまで音読しよう。

 

音読

 

英語は外国の「言葉」なので、

 

まずはスラスラ読めるようになることが大切です。

 

中学校の英語が苦手になってしまう原因は、

 

英語が読めなくなってしまうことです。

 

日本語の漢字でも、読めないものは覚えられませんね。

 

まして、和訳(日本語)を覚えるのも困難になります。

 

ですから、英語の長文問題をスラスラになるまで読みます。

 

読み方が分からない単語があるときは、

 

カタカナ表記の辞書を購入してください。

 

同じ長文を何度も読めば、それだけで自信になります。

 

まずは音読!これを覚えておいてください。

 

2、教科書の基本文(構文)を必ず暗記しよう

 

ニューホライズン

 

英語の長文を読解するのに必要とされるのが

 

早く正確に和訳する(日本語にする)能力。

 

中3ならば、現在完了・受け身など、

 

構文を理解したうえで訳す必要があります。

 

ですから、

 

中学3年間で習う基本文はすべて訳せるようにしておきましょう。

 

ニューホライズンは教科書の巻末に

 

「基本文一覧」がのっています。

 

サンシャインも同じく巻末に

 

「Basic Dialog一覧」が出ています。

 

これらの英文をすべて訳せるようにしてください。

 

この英文が高校受験はもちろん、高校英語の基礎になります。

 

必ずマスターして活用できるようにしてください。

 

高校入試の英語長文を早く正確に読むコツ

 

高校入試英語長文

 

英語長文問題を苦手としている人は、

 

何ができなくて困っているのでしょうか?

 

問題は、英文を読むのに時間がかかりすぎるということ。

 

時間がかかると、設問の答えを考える時間も足りなくなります。

 

では、どうすれば英文をはやく読めるでしょうか?

 

前に戻らなければ読むスピードがあがる

 

一方通行

 

多くの中学生は、英文を訳すときに

 

英文の最初から最後までを何度も読んで訳を考えます。

 

例えば、この英文を訳してください。

 

I think that English is easier than math.

 

英文を最初から最後まで見て、

 

それから日本語を組み立てていませんか?

 

that の後ろから訳したと思います。

 

英語は数学よりもやさしいと私は思います。

 

これでは、英文の最初と最後を何度も往復して、

 

一文を訳すのに時間がかかってしまいます。

 

高校入試の一文はもっと長いので、なおさらです。

 

そこで、

 

英文を前から訳して、戻らないようにします。

 

例文の場合は

 

I think

 

私は思います。

 

that English is easier than math.

 

英語は数学よりもやさしいと

 

こんな感じで訳します。

 

全体を眺めるのではなく、最初からどんどん訳して戻りません。

 

戻らないので、読む時間が短縮されます。

 

スラッシュリーディングをマスターしよう

 

例文で、英文を途中で切りました。このように

 

「意味のまとまり」で英文を切って読むことを

 

スラッシュリーディングと呼びます。

 

例文にスラッシュを入れると

 

I think / that English is easier than math.

 

このようになります。

 

では、どこにスラッシュを入れるかというと

 

コンマ、接続詞、関係代名詞

 

この3つは覚えておきましょう。

 

コンマの例文

Because it rained hard, / we could not play baseball
雨が激しく降ったので / 私たちは野球ができなかった

 

接続詞の例文

I was studying / when my father came home.
私は勉強していた / 父が帰宅したとき

 

関係代名詞の例文

Kyoto is the famous city / which has very old buildings.
京都は有名な街    /   とても古い建物がある

 

慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、

 

自然にスラッシュで区切れるようになります。

 

最初は自分の感覚で「ここ!」と思った場所に

 

スラッシュを入れても構いません。

 

スラッシュリーディングをマスターすれば、

 

長文を読むスピードがアップします。

 

ぜひ、チャレンジしてください!

 

高校入試英語長文対策のまとめ

 

いかがでしたか?英語が苦手な人はとくに

 

まず「音読」の確認からスタートしてください。

 

  • 1、いつでも英文を音読する
  •  

  • 2、教科書巻末の基本文を訳せるようにする
  •  

  • 3、英文を最初から訳し、戻らない練習。

 

高校入試までにこの3つを練習すれば、

 

確実に英語の点数は上がります。

 

もし、今すぐ練習しよう!と思ったなら

 

安村先生の教材がおススメです。

 

短期間で長文読解のコツがわかる教材です。

 

 

長文が読めた! 高校に合格した!

 

入試長文マスター

 

3日間集中!高校入試英語長文マスター


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 伸びない理由 親ができること おススメ教材