間違いノート

間違い直しノートを作って高校受験を成功させよう

間違えノートを作って成績(偏差値)上げよう!

高校入試を乗り切って合格するのに大切なのは、

 

間違えた問題と正面から向き合い、克服することです。

 

わからなかったり、×がつくとだれでもイヤなものです。

 

間違えた問題は目を逸らしたい、なかったことにしたい・・・。

 

イライラするその気持ちはよくわかりますが、

 

間違えた問題こそ成長のチャンスです。

 

成長

 

今日から間違い直しノートを作って、

 

次のテストや模試では正解できるようにしましょう。

 

では、2種類のノートつくりを紹介します。

 

用語を覚えるものと解き方を覚えるノートをつくろう

 

最近の高校入試問題は2種類に大別されます。

 

一つは、暗記物、用語物です。

 

覚えていたら書ける知識問題ですね。

 

  <知識系の問題>

 

  • 理科や社会の用語問題
  • 数学の計算問題
  • 国語の漢字や文法問題
  • 英語の発音や単語問題

 

もう一つは、説明もの、証明物です。

 

深い理解と表現力が必要な問題です。

 

  <記述系の問題>

 

  • 数学の図形証明問題
  • 数学の文字による説明問題
  • 理科の計算や社会の記述問題
  • 英語の作文問題

 

とくに理科社会の記述式問題は

 

出題が増える一方で対策が必要です。

 

理科の計算と記述対策

 

社会の暗記法と記述対策

 

そこで、暗記用の一問一答ノートと記述用のノートの2冊を作ります。

 

では、どんな感じでノートを作ればよいか紹介します。

 

一問一答の間違えノート

 

社会一問一答

 

画像が小さくてすみません。

 

左側に問題があり、右側に答えがあります。

 

問題 解答
日本一の流域面積の川は? 利根川

 

分からなかった問題や間違えた問題をこのように書いていきます。

 

実力テストや模試の前に、右側(正解)を隠して、

 

もう一度解いてみるといいです。

 

証明や記述式の間違えノート

 

三角形証明

 

三角形の図は省略されていますが、

 

図は必ず書くようにしてください。

 

図に書くとイメージが頭に残るからです。

 

一問一答のようにノートを区切る必要はありません。

 

大きなスペースを使って、間違えた問題をもう一度書いておきます。

 

上のように、要点をペンで書きこむのもよいでしょう。

 

きれいに書くことにこだわりすぎないこと

 

「ノートを書く」というときに、キレイにこだわる中学生がいます。

 

もちろんキレイなノートは素晴らしいのですが、

 

自分が見直すものなので、美しい必要はありません。

 

間違えノートの目的は、間違えた問題を記録して何度も解きなおすこと。

 

キレイに書くことにこだわりすぎては、

 

解きなおしの時間が減ってしまします。

 

キミだけのオリジナル参考書が自信になる

 

自信

 

間違いノートはキミだけの参考書です。

 

実力テストで何がすればよいかわからないとき、

 

ノートを何度も見なおして、問題をもう一度やってみましょう。

 

ノートが何冊もたまれば、

 

「これだけ頑張ってきたんだ!」という自信になります。

 

模試の会場や高校入試の会場に持っていって、

 

試験前や休憩に見直すといいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 伸びない理由 親ができること おススメ教材