高校受験内申書

内申は高校受験にどれくらい影響あるのか?出し方は?

内申書の出し方は?高校受験に影響あるの?

高校入試に内申点は少なからず影響します。

 

筆記試験に向けて一生懸命勉強していると思いますが、

 

入試情報を集めておくことも合格に必要なことです。

 

受験生の親子がぜひ知っておきたいのが内申書(調査書)です。

 

内申とは何か?どのように計算するのか?

 

ぜひ知っておいてください。

 

高校入試内申点って何だ?

 

まずは「内申点」とは何の点数か?を知っておきましょう。

 

内申は3年間の中学校生活を数値にしたものです。

 

それでは、中学校生活の何が評価されるのでしょうか。

 

学校生活は大きく2つの要素があります。

 

1つは、学力面の評価

 

通知簿

 

上の表のように5段階の通知簿をそのまま合計したものです。

 

これは、中学3年間でどれだけ勉強を頑張ってきたかを見るものです。

 

ただし、高校によっては数学英語を2倍の評価にしたり、

 

技能教科を含めない場合があります。

 

受験高校がどのように内申点を見るのか、知っておくことが大切です。

 

早めに担任や進学指導の先生に聞いておきましょう。

 

2つめは、課外活動の評価

 

英検ロゴ

 

部活動で県大会に出場したなどの実績評価。

 

英検や漢検、数検で3級を取得したなどの努力。

 

生徒会でリーダーシップを発揮した場合や、

 

校外でボランティアに参加したなどの活動がこれにあたります。

 

つまり内申点とは「学力面」+「課外活動」の合計です。

 

これが調査書として受験高校に送られ、合否の判定材料となります。

 

内申点はどうやって計算するのか?

 

調査書

 

上の表は一例にすぎません。

 

上の表は1・2・3年が均等に評価されていますが、

 

3年の内申だけを見る場合や、数英を重視して見る場合もあります。

 

実は、計算方法は都道府県によって(公立高校)あるいは、

 

各高校(私立)によって異なるのです。

 

内申を重視する高校もあれば、内申の評価はしない高校もあります。

 

ですから、自分の地域の高校受験での内申の計算方法や影響度は、

 

中学校の先生に聞いて確かめる必要があります。

 

内申点アップのために必要なことは?

 

アップ

 

あなたの住む地域が内申を重視するなら、

 

1年生のうちから内申点を良くしておきたいですね。

 

そのためには通知簿を評価を上げておきましょう。

 

3年の成績だけを評価する高校もありますから、

 

今からでも間に合う可能性が高いです。

 

通知簿の評価は中間期末の定期テストの点数だけでなく、

 

授業態度、提出物、積極性などで決まります。

 

つまり、勉強に前向きに取り組むということです。

 

英検や漢検の資格については3級以上が内申に記載されます。

 

内申書が書かれるのが3年生の12月くらいですから、

 

それまでに(第2回の検定までに)取得しておくのが良いでしょう。

 

運動部は県大会や全国大会への出場が記載されます。

 

また、運動部で老人ホームの掃除を手伝った、あるいは

 

吹奏楽部で地域行事に演奏したなどはボランティアにあたります。

 

機会があれば積極的に参加してください。

 

人前に出るのがイヤでなければ、生徒会で活動するのも

 

大きなプラスになります。

 

今からでもできることをやっていきましょう。

 

高校入試は一発勝負ではなくなった

 

昔の高校受験の印象と言えば、頭にハチマキをしめて

 

「絶対合格するぞ!」と一発勝負に賭けるものでした。

 

試験当日の出来・不出来だけで合格・不合格が分かれました。

 

しかし、現代は違います。

 

高校側も中学3年間の様子を知りたいと望むようになったのです。

 

入試当日の成績と中学で頑張ったことの両方を評価する。

 

考えてみれば、これこそ公平な試験と言えそうです。

 

合格に向けてがんばってください!

 

< 内申アップして合格!>

 

安村教材

 

チェック 正しい勉強法がわかる!

 

チェック 自分で勉強できる!

 

チェック 成績がどんどん上がる!

 

 

  志望校に合格する勉強法を公開!

 

公式ページへ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 伸びない理由 親ができること おススメ教材