部活動と受験勉強の両立

部活動で疲れて高校受験勉強ができない。両立の方法は?

部活動と受験勉強の両立をするには?

サッカー部

 

中学3年生の多くは7月まで部活動があります。

 

とくに6月、7月は夏休み前の最後の大会に向けて、

 

ハードな練習を精一杯頑張るだろうと思います。

 

でも、とくに運動部は疲れ切ってしまい、

 

家に帰るとすぐに寝てしまう子もいるでしょう。

 

入試への準備と運動部との両立方法は?

 

部活を一生懸命するのは悪いとは言わないけど、

 

高校受験の年なのだから、勉強もしっかりやってほしい・・・

 

中学3年生の親なら、みなこのように考えることでしょう。

 

では、春から夏休みまでの期間は、

 

どのように勉強と部活動を両立させればよいでしょうか?

 

最後の大会まで精一杯やらせる

 

頑張る

 

勉強と部活の両立の前提となるのが、

 

悔いの残らないよう最後まで活動をさせるということです。

 

部活動を最後までやり切った子は、

 

やはり精神的にも強い子が多いからです。

 

ですから、最後の大会で負けてしまうまでは

 

親もできるだけの応援をしてあげてください。

 

そして、7月の部活動終了になったら、

 

しっかりと切り替えて勉強に集中できるようにしたいです。

 

そして、夏休みからは高校受験の勉強をスタートさせると

 

割り切ってしまうのが良いでしょう。

 

これまで2年以上やってきた部活動です。

 

完全燃焼させてあげたいですね。

 

夏休みまでの勉強面、これだけはやろう!

 

ただ、夏休みから勉強すればいいからといって、

 

まったくゼロでいいかといえば、もちろんそうではありません。

 

高校入試に影響する2つのことを紹介します。

 

1、中間・期末テストで高得点を

 

 

公立、私立に関わらず、内申点をしっかりみる高校が増えています。

 

私達のころの受験は「本番一発勝負」でしたが、

 

中学3年間での様子を総合的に判断する意味で、

 

内申書(調査書)も重要になってきました。

 

※ 入学試験と内申点をどのくらいの割合で重視するかは、お住まいの地域により異なります。

 

内申は高校受験にどれくらい影響があるのか

 

内申は基本的に中学校の通知簿によって決まりますから、

 

中間・期末テストで高得点を取ることは内申アップにつながります。

 

しかも、3年時の成績を重視する県が多いことからも、

 

この時期のテスト結果の重要度がわかるというものです。

 

もちろん、中間期末のテスト範囲は高校入試でも出題されます。

 

しっかり得点することが、半年後の入試対策となります。

 

2、中学校の復習課題をこなしていく

 

中学問題集

 

高校受験の勉強は、やり方がとても大事ですが、

 

まず、学校から与えられたことをこなす努力が必要です。

 

たいていの公立中学校では、4月か5月に

 

1年の学習内容から復習するワークが与えられます。

 

入試への準備として中学内容を復習するワークです。

 

秋、冬に入試問題や過去問を解いていくための

 

土台となる復習教材ですから、しっかりこなしたいです。

 

提出、未提出が通知簿にも影響するので、

 

最低限やるべきこととしておさえておきたいです。

 

お子さんが勉強のやり方を知って、

 

志望高校に合格することを願っています。

 

< 部活と両立して合格!>

 

安村教材

 

チェック 正しい勉強法がわかる!

 

チェック 自分で勉強できる!

 

チェック 成績がどんどん上がる!

 

 

  志望校に合格する勉強法を公開!

 

公式ページへ

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 伸びない理由 親ができること おススメ教材